PMSが酷い時はカウンセリング

薬を飲んでいる女性

PMSが酷い時はカウンセリングを受けることで、辛い症状を軽減することができます。
PMSは月経前に起こる「腰が重い・身体がだるい・肌荒れする」等の身体的症状のほかに、「イライラする・訳もなく泣きたくなる・人に会いたくなくなる」等の精神的症状に悩まされている方も多くいます。
この精神的症状が酷い場合は、まず悩みやストレス、トラウマ等を人に話し、自分を解放・理解する『心理療法』が大切なのです。
症状が重い時は「外出したくない・話したくない」となりがちなので、無理はせず、余裕がある時だけでも構いません。

また、カウンセリングは自分の悩みを聞いてもらうだけでなく、日常習慣の改善策を聞く場でもあります。
知らず知らず生活の中で行ってきた行為が、PMSを重くしていることも考えられるので、客観的な立場で的確に指摘・指導してくれる医師やアドバイザーと話すことが大事になってくるのです。
普段、誰にも話せないことを口にするだけで、緊張がほぐれ、改善に向かうことがあります。
また悪影響を与える習慣を取り除くことによって、症状も緩和していきます。
「PMSにカウンセリングなんか関係ない」と決め付けず、一度、気軽な気持ちで専門家に相談してみましょう。

関連記事
月経前症候群の改善にピルを服用後お酒を飲んで大丈夫? 2020年05月16日

女性にとって特有であり憂鬱なのが生理と、生理の始まる3~10日前に現れる月経前症候群、いわゆるPMSです。女性の約80%の人が、生理前に月経前症候群の症状を発症...

不正出血や閉経後の女性にも効果のあるピル 2020年03月30日

ピルは赤ちゃんが欲しくない時のセックスの際に、避妊するため避妊薬の役目しかないのものだと思っているとしたら、それは大きな間違いです。確かに、毎日服用することで避...

欧米に比べてピルの普及率が低い日本 2020年02月09日

低用量ピルが避妊を目的として日本で認可されたのは1998年とつい最近のことです。歴史が浅いということもあり、日本はピルの普及率が低く、アメリカやヨーロッパと比べ...

ピルと子宮内避妊用具での避妊、頭痛などの症状はあるか 2020年01月08日

女性が自らできる避妊方法としてよく知られているのは低用量ピル、所謂経口避妊薬です。生理が始まったその日から服用を始め、毎日継続的に摂取していくことで排卵を防ぎ、...

生理をコントロールするために市販でピルを購入するには 2019年12月09日

旅行や温泉、プールを楽しみたいのに、ちょうど生理の時にあたってしまいそう。そんな時、生理をコントロールできる便利なピルは、しかしながら婦人系の病院を受診しなくて...