生理をコントロールするために市販でピルを購入するには

旅行や温泉、プールを楽しみたいのに、ちょうど生理の時にあたってしまいそう。
そんな時、生理をコントロールできる便利なピルは、しかしながら婦人系の病院を受診しなくては購入することができません。
薬局などで気軽に市販品として購入できればよいのですが、残念ながら日本ではそれは認められていないために、クリニックを受診して、医師から処方してもらうというのが一般的です。
それもやはりピルが生理のコントロールだけでなく避妊薬としても活用できるということや、副作用などのリスクもあり、服用できるかどうかを医師がちゃんと判断した方が良いとされているためです。

そんなピルですが、しかしながら海外では日本と違って普通に市販されていることが一般的なため、医療機関を受診してピルを処方してもらうのが面倒と感じるならば、通信販売を利用して海外の市販品を購入するという方法もあります。
市販品を購入するメリットとしては、やはり安く購入することが可能で、さらにジェネリック薬品なども選ぶことが出来るということです。
ただし輸入代行業者の注文販売方法に関しては日本語で詳しく記されていることが多いですが、当然ながら実物に付属してある説明書は日本語ではありませんし、購入したものが身体に合わず、副作用が出てしまう場合もあります。
それを考えると、やはり最初はちゃんと医療機関を受診して、ピルを処方してもらう方が無難だと言えます。
しかし毎回そのたびに受診するのは面倒ですし、近くに医療機関がない場合などもありますので、初回だけ医療機関を受診して処方してもらい、次からは処方された同じもの、もしくは同じ成分を含んでいるものを通販先で探し、注文するというのも良さそうです。

関連記事
月経前症候群の改善にピルを服用後お酒を飲んで大丈夫? 2020年05月16日

女性にとって特有であり憂鬱なのが生理と、生理の始まる3~10日前に現れる月経前症候群、いわゆるPMSです。女性の約80%の人が、生理前に月経前症候群の症状を発症...

不正出血や閉経後の女性にも効果のあるピル 2020年03月30日

ピルは赤ちゃんが欲しくない時のセックスの際に、避妊するため避妊薬の役目しかないのものだと思っているとしたら、それは大きな間違いです。確かに、毎日服用することで避...

欧米に比べてピルの普及率が低い日本 2020年02月09日

低用量ピルが避妊を目的として日本で認可されたのは1998年とつい最近のことです。歴史が浅いということもあり、日本はピルの普及率が低く、アメリカやヨーロッパと比べ...

ピルと子宮内避妊用具での避妊、頭痛などの症状はあるか 2020年01月08日

女性が自らできる避妊方法としてよく知られているのは低用量ピル、所謂経口避妊薬です。生理が始まったその日から服用を始め、毎日継続的に摂取していくことで排卵を防ぎ、...

生理前のイライラで八つ当たりしてしまう方へ 2019年11月05日

生理前のイライラで八つ当たりしてしまう方へ、対処法をいくつか提案したいと思います。生理前のイライラはPMS(月経前症候群)によるもので、女性ホルモンのバランスが...