ピルと子宮内避妊用具での避妊、頭痛などの症状はあるか

女性が自らできる避妊方法としてよく知られているのは低用量ピル、所謂経口避妊薬です。
生理が始まったその日から服用を始め、毎日継続的に摂取していくことで排卵を防ぎ、子宮内の状態を整えていくことができます。
低用量ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンという二つのホルモンのバランスを適切に調節し、服用することで体内のホルモンバランスを調節していくことが出来ます。
それによって月経前症候群やひどい生理痛、過多月経などの症状も解消していくこともできます。

実際、ピルは避妊目的で使用されるのはもちろんですが、それ以外に先に挙げた治療目的で活用されているケースも多いのです。

その点、子宮内避妊用具は避妊目的での使用がメインになります。
子宮内避妊用具はその名の通り、子宮内に特殊な用具を装着することで受精卵が子宮内膜に着床していくのを防ぐことが出来ます。
子宮内避妊用具からは銅イオンが分泌され、子宮内での環境を変えていくのに高い効果を発揮します。
一度装着すれば2年から5年程度使い続けることが出来るため、利便性やコスト面を優先するのであれば非常におすすめの方法です。

ピルを使用する方法と子宮内避妊用具を使用する方法、どちらのケースでも頭痛のなどの副作用症状が引き起こされることがあります。
ピルの場合、数週間、もしくは数周期ピルの服用を続けていれば頭痛などの副作用も自然と収まっていきます。
子宮内避妊用具の場合でも、頭痛は一過性のものが多いので、さほど心配する必要もありません。
もしも、あまりに症状が重いという場合には個別で頭痛薬を併用していくといいでしょう。
その際にはピルとの飲み合わせや体調を考慮して、担当医に一度相談してみるのもおすすめです。

関連記事
月経前症候群の改善にピルを服用後お酒を飲んで大丈夫? 2020年05月16日

女性にとって特有であり憂鬱なのが生理と、生理の始まる3~10日前に現れる月経前症候群、いわゆるPMSです。女性の約80%の人が、生理前に月経前症候群の症状を発症...

不正出血や閉経後の女性にも効果のあるピル 2020年03月30日

ピルは赤ちゃんが欲しくない時のセックスの際に、避妊するため避妊薬の役目しかないのものだと思っているとしたら、それは大きな間違いです。確かに、毎日服用することで避...

欧米に比べてピルの普及率が低い日本 2020年02月09日

低用量ピルが避妊を目的として日本で認可されたのは1998年とつい最近のことです。歴史が浅いということもあり、日本はピルの普及率が低く、アメリカやヨーロッパと比べ...

生理をコントロールするために市販でピルを購入するには 2019年12月09日

旅行や温泉、プールを楽しみたいのに、ちょうど生理の時にあたってしまいそう。そんな時、生理をコントロールできる便利なピルは、しかしながら婦人系の病院を受診しなくて...

生理前のイライラで八つ当たりしてしまう方へ 2019年11月05日

生理前のイライラで八つ当たりしてしまう方へ、対処法をいくつか提案したいと思います。生理前のイライラはPMS(月経前症候群)によるもので、女性ホルモンのバランスが...